アジア翻訳のロゴ

工業文書翻訳サービス

現在はタイの工場で使われるタイ語翻訳がメイン

機械操作アジアは日本メーカーの製造拠点となっており、アジア言語を専門とする当社にとって工業翻訳は最も需要の大きな分野です。これまで現地の工場で使う製造手順書、機械操作マニュアル、仕様書、トレーニング教材などの翻訳を多く手がけてきました。

現在のところ当社が受託した工業翻訳のほとんどはタイ語翻訳です。タイは東南アジアの中で重要な位置付けになっており、取り扱い品目は増加の一途にあります。また対応製品も中級品以上となっており、作業が高度化しています。これにともない、日本語からタイ語への翻訳需要が途絶えることはありません。

ただし、当社の主観では、工業翻訳の99%は現地の工場内で行われています。そのような状況で日本で工業翻訳を行うのは、新製品、あるいはグローバル戦略製品のため日本側できっちり管理したいケースです。あるいは現地側の作業が非常に忙しかったり、十分な翻訳者を確保できなかったりして対応できないケースもあるようです。

短期間・低コストをご希望であれば、日本側でざっと一次翻訳を行い、現地側で翻訳チェック、用語統一を行うのが効率的です。

今後、このような需要はベトナム、ミャンマー、インドネシア、ラオス、カンボジアでも増えそうですが、日本に対応できる翻訳会社が少なく、日本でできることが知られていません。当社では現地の工場で経験を積んだ翻訳者たちとの強いネットワークを活用して、工業翻訳のご要望にオーダーメイドで応えてまいります。


Copyright © 2015 Japan HR Solutions Co., Ltd. All Right Reserved.