アジア翻訳のロゴ

カンボジア語翻訳(クメール語翻訳)

cambodian flag

プノンペン

カンボジア語とクメール語

カンボジアの国語は何語ですか?と聞かれた時、カンボジアについて知識のある人ですと、「クメール語」と応える方もいます。それではカンボジア語とクメール語は何が違うのでしょうか。

カンボジアの人口の9割はクメール民族であり、彼らが使ってきた言葉がクメール語です。これがカンボジアの国語、すなわちカンボジア語となっているのです。これはフィリピンにおけるフィリピン語とタガログ語の関係と同じです。

カンボジアには華僑とベトナム系の人たちもいて、彼らは身内ではそれぞれの言語を使っています。他にも少数民族がいて、やはり独自の言語を受け継いでいます。彼らにとってクメール語は自分たちの言葉ではないのです。

そこでカンボジア政府は、国としての統一を優先し、公式にはクメール語とは呼ばず、カンボジア語と称しているのです。当社では公的な表現を重視し、国名+語を優先して呼ぶようにしています。


カンボジア語翻訳(クメール語翻訳)は開発援助に関する翻訳がメイン

アジア言語を専門とする当社でも、カンボジア語翻訳(クメール語翻訳)の案件は1,2ヵ月に1回程度しかありません。その中でボリュームがあるのは日本政府関連の開発援助に伴う資料の翻訳です。これらはセミナーやトレーニングに使うビジネス文書の翻訳が主で、特徴は翻訳の量に比べて納期が短いことです。また、レイアウト作業も伴います。これを期限内に終えるには1人の翻訳者では難しく、たいていの場合は複数の翻訳者で分担して作業を行います。

公的案件以外では、現地進出した企業の経営理念やニューズレター、契約書、日本の大学や研究機関のアンケートなどのカンボジア語翻訳(クメール語翻訳)があります。

カンボジア語翻訳(クメール語翻訳)で注意すべきことはフォントです。カンボジア語のクメール文字には、実に多様なフォントがあります。しかしフォント間の互換性が弱いため、翻訳者が使ったフォントと違うフォントを使うとほとんどの場合、文字化けします。また、翻訳者と同じフォントを使ってもコンピューターのOSやオフィスソフトのバージョンが違うと文字化けを起こすことがあります。クメール文字は慣れていないと文字化けしているのかどうかさえ分からないことがありますので注意が必要です。カンボジア語翻訳(クメール語翻訳)の例を見るには右上の国旗をクリックして下さい。

やっかいなカンボジア語 (アジア翻訳ジャーナル No.1)

カンボジアのクメール語料金表


Copyright © 2015 Japan HR Solutions Co., Ltd. All Right Reserved.