アジア翻訳のロゴ

フィリピン語翻訳(タガログ語翻訳)

難しい言葉、フィリピン語

フィリピンの街日本にとってフィリピンは親しい国の一つで、日本人にはフィリピンのイメージがあります。それは「東南アジアの途上国」「人々は明るく、大らか」「のんびりしている」といった感じではないでしょうか。また、フィリピンでは英語とタガログ語が使われていることを知っている人も多いでしょう。

言語ビジネスのプロである翻訳コーディネーターでも、特に東南アジアの言語に詳しくなければ、フィリピン人が英語もタガログ語も難なく使えると考えている人が少なくないようです。しかし、実情は異なり、翻訳でも失敗するケースが多いのです。

タガログ語を母国語とするのは人口の4分の1

フィリピンは諸島国で、7000以上の島があり、そのうち2000の島に人が住んでいます。言語も多様で日常的に80以上の言語が母語として話されているようです。その中でフィリピン語は、政府が国家統一を図るため、1987年に公用語として定めた言語です。

マニラ都心フィリピン語は、首都マニラのあるルソン島の言葉であるタガログ語をベースとしています。ところが、タガログ語を母語とするのは全人口の4分の1ほどでしかありません。その他の人々は日常的に別の言葉を話しているのです。例えばセブ島などで話されているビサヤ(ヴィサヤ)語も人口の5分の1ほどが母語としています。すなわち人口の4分の3の人にとって、フィリピン語は母語の次に憶える第二言語なのです。さらにフィリピンの教育機関では初等教育から英語による授業が導入され、高等教育ではほとんど英語で授業が行われます。タガログ語を母語とする人はバイリンガル、他の言葉を母語とする人はトリリンガルになるのです。

理解できても正確に書けない

フィリピン語のベースとなっているタガログ語は、西方から伝わったマレー語を基礎とする言葉ですが、文法は北方にある台湾の先住民族の言葉に近いとされ、言語学的には最も難解な言語の一つとされます。それに370年という長いスペイン統治時代のスペイン語が混じっています。さらにアメリカ統治時代は48年と短いのですが、英語からも大きな影響を受け続けています。そして、このタガログ語とフィリピン語が全く同じかと言えばそうではなく、新しい語彙は表現方法が異なります。

ワークションプ

フィリピン語は公用語であり、国民一般が理解できる言葉です。しかし、フィリピン人なら誰でも「正確に書けるか」と言えば、そうではありません。そこでフィリピン語の翻訳者として第1の条件になるのは、マニラ周辺のタガログ語圏で育っていることです。第2の条件は、相当に高いフィリピン語の学力があり、日常的にフィリピン語を書いていることです。この条件が満たされなければ、翻訳は語彙、文法、スペルとも正確ではなく、方言が混じってしまったりします。

また、フィリピン語は確立された言葉ではなく、極めて多様であるが故に、同じ文章を翻訳しても表現方法に「どちらでも良い」「間違いではない」といったことが多く、人によって判断が違ってきます。ですので、最大公約数的な翻訳を目指すことになり、翻訳者にはフィリピンの常識が身に付いていなければ成りません。

フィリピンはバイリンガル教育が知られ、物価も安いことから、アジアの中で英語教育や英語翻訳の拠点となっています。英語需要は世界的にあり、フィリピンにとって高収益のビジネスとなっています。しかしフィリピン語翻訳は、英語翻訳に比べると見劣りがします。それは需要が英語に比べて小さく、また価格も低いため、供給者が育たないためでしょう。フィリピン語の優秀な翻訳者を探すのは難しく、さらに日本語からフィリピン語への翻訳者となると稀です。

フィリピン大学フィリピン語の優秀な翻訳者が少ない一方で、日本に住むフィリピン人や日系人は多く、翻訳会社ではそういった人たちに翻訳を頼むことがほとんどです。フィリピン語の難しさや言語環境を知らないため、甘く見ているのです。しかし、その結果、翻訳修正が無限に発生します。そして最後は体裁だけを整えて終了し、品質の悪い翻訳が残ってしまうのです。

フィリピン語翻訳(タガログ語翻訳)料金表


Copyright © 2015 Japan HR Solutions Co., Ltd. All Right Reserved.